巻き爪の原因になる歩き方

巻き爪には、「歩き方」が大きく関係していることをご存知でしょうか。

歩き方には、その人に癖や特徴が良く出ますよね。

自分では意識していなくても、周りの人からすると、顔を見なくても歩き方を見れば、その人とわかるほどなんだそうです。

そして、この歩き方によって、足先にかかる負担は大きく変わってきます。

爪に圧力をかけるような歩き方をしていると、巻き爪になる可能性が高くなるのです。

それでは、どんな歩き方をすれば、巻き爪を回避することができるのでしょうか。

 

巻き爪になりやすい歩き方とは

巻き爪になりやすい歩き方

つま先に体重がかかりやすい歩き方が、巻き爪の原因になりやすいと言われています。

猫背や前のめりになりやすい方は、常に足の先に負担がかかってしまいます。

そのような負担が続くと、巻き爪が引き起こされる可能性が高くなるのです。

また、足の裏にどのように体重がかかるかということも関係しているようです。

靴の底を見てみると、いつも初めに擦り減っていく場所がある方は、注意が必要です。

その部分が、必要以上に体重がかかっているところなのです。

足の外側に体重がかかりやすい方、内股になりやすい方は、巻き爪になりやすいとされているようです。

 

巻き爪にならないための歩き方とは

それでは、巻き爪にならないためには、どんな歩き方をすれば良いのでしょうか。

巻き爪にならないためには、単純に正しい歩き方をすれば良いのです。

正しい歩き方とは、基本的には、背筋をピンと伸ばして歩くことです。

詳しいポイントを見ていきましょう。

 

  • あごを軽く引いて首を伸ばし、背筋を伸ばして良い姿勢を心掛ける

猫背で歩くと、足先に大きな負担がかかってしまいます。

 

  • 目線を真っ直ぐにして、前を見るようにする

下を見て歩くと、足元に体重がかかり、負担をかけることになってしまいます。

 

  • かかとから着地するように意識して歩く

つま先から着地すると、つま先への負担が大きくなります。

 

  • 腕は、前方ではなく、後方に力を入れながら、振って歩くように意識する

腕を後ろに振って歩くことにより、バランスの良い歩き方になります。

 

  • 歩幅は大きくなりすぎないようにする

無理に大きな歩幅で歩くと、足の衝撃が大きくなり、負担をかけることになります。

 

  • つま先を真っ直ぐ前に向けて歩く

内股やがに股にならないように意識することが大切です。

巻き爪によって歩き方が悪くなるとどうなるか

巻き爪によって歩き方が悪くなると

巻き爪の原因の1つに歩き方があるということが、お分かり頂けたと思います。

それとは逆に、巻き爪により、歩き方が悪くなるというケースもあります。

巻き爪の症状がひどくなればなるほど、患部に激しい痛みが生じます。

そこで、巻き爪をかばうように、不自然な歩き方になってしまうことがあります。

そして、これが全身に影響を与えてしまうのです。

膝を傷めたり、腰痛になったり、偏頭痛などの原因になることもあるんだそうです。

巻き爪の痛みがひどい時には、矯正治療などの処置をして、痛みの原因を改善するようにしましょう。

 

以上、巻き爪と歩き方の関係について見てきました。

巻き爪になりやすい歩き方をしてしまっているという方は、正しい歩き方をマスターすると良いでしょう。

正しい歩き方は、巻き爪防止はもちろん外反母趾や腰痛、O脚などの防止にも繋がるでしょう。また、きれいな歩き方は、その人を健康的に魅力的に見せてくれますよ。

また、巻き爪の痛みがひどくなると、歩き方も悪くなってしまうという危険性もあるようです。

その場合には、きちんと巻き爪を治すしかないようです。