巻き爪の爪の切り方

巻き爪になる大きな原因として、間違った爪の切り方があります。

間違った方法で爪を切り続けていると、巻き爪を引き起こしたり、軽度の巻き爪をどんどん悪化させてしまうようです。

ここでは、巻き爪にならないための、正しい爪の切り方をご紹介したいと思います。

 

なぜ、爪の切り方が巻き爪の原因になるのか

爪の切り方が巻き爪の原因

爪を切りすぎて、肉が見える状態が、巻き爪の原因になるようです。

足に力が入ると、その肉が見えている部分が盛り上がってしまい、爪を圧迫するのです。

そうすると、爪が圧力で湾曲してしまうというわけなのです。

そこで、肉が見える状態がない爪の切り方をするのが、正解なのです。

 

正しい爪の切り方

それでは、巻き爪にならないためには、どんな形に切れば良いのでしょうか。

 

  • スクエアオフ

爪の先端をラウンド型に切る方が多いと思います。しかし、両端部分を切り落としてしまうので、肉が見える部分ができてしまうのです。

そこから爪が巻いてしまうことになります。

そこで、爪の先端は、まっすぐ切るようにしいましょう。

理論的には、このスクエア型の爪が一番巻き爪予防になるのですが、爪の両端が角ばったままでは、靴下などに引っかかってしまい不便です。

そこで、その角ばった部分を少しだけ切ったスクエアオフの形が理想的と言われています。

ネイルも真っ直ぐに塗ることができて便利ですよ。

指を長く見せてくれる効果もあります。

 

  • ちょうど良い長さにする

巻き爪になってしまうと、その巻いた部分を切り落としたくなるので、深爪にする方が多いようです。

しかし、そうすると、肉が見える部分が多くなってしまいます。巻いた部分を切った時には、一時的に痛みが和らぐと思いますが、次第に、もっと変形した爪が伸びてくることのなってしまうのです。

深爪をすることで、一時的に痛みを緩和させることはとても危険なようです。

また、伸ばしすぎの爪は折れやすくなります。折れてしまった先端の爪が皮膚に食い込み、巻き爪の原因になることもあるようです。

爪の白い部分が1㎜~2㎜程度のちょうど良い長さに切っておくことが大切です。

 

正しく爪を切るタイミング

みなさん、どれくらいの頻度で爪切りをしていますか?曜日を決めて切っている方、なんとなく伸びてきたら切っている方、様々だと思います。正しい頻度とはどれくらいなのでしょうか。

爪は個人差はありますが、1日に約0.1㎜の早さで伸びていくとされています。

そこで、2、3㎜ほど伸びた状態の2週間に1度くらいの頻度が理想的なんだそうです。

頻繁に切りすぎても、深爪の原因になるので良くありません。

また、爪を切るタイミングは、入浴後が良いそうです。昔から、「夜は暗いから爪を切ってはだめ」という教えがあるようですが、そんなことはないようです。

お湯によって暖められた爪は驚くほど柔らかくなっているので、簡単に安全に切ることができるのです。

さらに、お風呂で清潔になった状態なので、衛生面から見ても良いタイミングです。

 

正しく爪を切るための道具

爪はデリケートな部分です。正しい道具を使って丁寧に切ることが大事です。

切れない爪切りをいつまでも使っていると、切り方が悪くなってしまい、爪に負担を与えてしまいます。

しっかりと切れ味の良い爪切りを使うことが大切です。

また、爪が薄い方、割れやすい方などは、爪やすりを使って丁寧に削っていくのと良いでしょう。

巻き爪の方におすすめのニッパー型爪切りもあります。

細かい部分調整しながら丁寧に切ることができます。

 

以上、巻き爪にならないため、巻き爪を悪化させないための、爪の切り方についてご紹介してきました。

爪の切り方は、その人の癖が出てしまうものです。長年続けている習慣なので、その切り方を変えることは、実は結構難しいものです。

しかし、もし間違った切り方をしていたら、正しい切り方をするように切り替えていくと良いと思います。

巻き爪予防はもちろん、爪をきれいに美しく見せてくれますよ。