巻き爪は自然に治る?

痛くて辛い巻き爪、早く治してその苦痛から解放されたいですよね。

しかし、治療は怖いし、自分でケアするのは、どうしたら良いかわからない・・・とそのままにしておく方もいると思います。

そこで疑問に思うのが、巻き爪は自然に治るかということです。

多少の痛みがあっても、いつの間にか治るのであれば、そのまま我慢しておいた方が良いのではないでしょうか。

ケアすることなく自然治癒力で治るのであれば、一番ですよね。

 

巻き爪は自然に治るのか

巻き爪は自然に治るのか

結論から言うと、一般的に一度巻き爪になってしまうと、自然に治るということはないようです。

正しく治療や手術をして治す必要があるのです。

しかし、軽い痛みを感じる程度のとても軽度な巻き爪の場合は、いつの間にか痛みがなくなってしまうというケースもあるようです。

 

軽度な巻き爪こそ注意が必要

激しく変形してしまったり、激しい痛みを伴う重度の巻き爪になってしまった方は、普段の生活にも支障が出てきてしまうので、早く治そうと自宅ケアをしたり、病院に治療に行ったりすると思います。

しかし、ちょっと爪が曲がってきた、ちょっと痛いくらいの軽度の巻き爪の場合は、そのままにしている方も多いようです。

いつか痛みが消えるだろう、爪を切っているうちに形が戻ってくるだろうと思っていると思います。

ところが、巻き爪は、症状がどんどん進行してしまう厄介な病気です。

大したことがないと放っておくと、いつの間にか取返しのつかない状況になってしまうのです。

そうなると、痛みもひどくなり、治療や手術の費用もかかってしまいます。

 

軽度な巻き爪に効果的なケア

軽度な巻き爪だと思っていても、徐々に症状が悪化して重症化してしまうケースがとても多いようです。

軽度な巻き爪のうちにきちんとケアすることがとても大切です。

そこでおすすめなのが、自宅での巻き爪ケアです。

病院に行くことなく、気軽にケアすることができます。

しかし、その効果は確かなものが多いので、試してみる価値がありますよ。

 

コットンパッキング

巻き爪の肉に当たっている部分に、コットンを詰めるという簡単なケア方法です。

器具を使うことのまく、とてもシンプルなケア方法ですが、軽度の巻き爪の場合は効果があります。

ただし、コットンを多く詰めすぎてしまったり、間違った詰め方をすると、かえって悪くなってしまうこともあるので注意しましょう。

 

テープ

薬局などで販売されている医療用テーピングを使って、巻き爪にテープを貼りケアする方法です。

テーピングを引っ張る力を利用して、爪の食い込みを引き離すようにケアする方法と、爪の食い込んでいる部分にテープを挟み込む方法があります。

軽度の巻き爪の場合は、痛みが軽減されることが多く、効果的なケアです。

 

巻き爪専用矯正グッズ

巻き爪を自宅で自分で治すための、様々なグッズが販売されています。

自分で、好きな時間にケアすることが出来るので気軽に使うことができますよ。

短時間で簡単にケアできるものが多いです。そして、軽度の爪に対してはとても効果的です。

 

  • ワイヤー

ワイヤーやばねの引っ張る力で、巻き爪をケアするグッズです。

 

  • シール

リフトアップ効果のあるシールの弾力を利用して、爪を引き上げてくれるグッズです。

 

  • 簡易器具

巻き上げ式の器具です。

様々なタイプの巻き爪に使うことができるメリットがあります。

巻き爪矯正器⇒巻き爪ロボ記事

 

  • プレート

特殊合金のプレートが元の形に戻ろうとする力を利用して、巻き爪をケアするグッズです。

巻き爪矯正具⇒巻き爪ブロック

 

保湿

軽度の巻き爪や、巻き爪の予防には、保湿することがとても効果的です。

爪はもともと乾燥しやすいところです。

爪が乾燥すると、巻き爪になりやすくなります。

軽度の症状の時に保湿してあげることにより、進行を防ぐこともできるのです。

巻き爪に効果のあるオイルなどを、爪や爪の周りの皮膚にしっかり塗りこんで、優しく保湿してください。

保湿オイル⇒ティップケアオイル記事(当サイトおすすめ)

 

以上、巻き爪は自然に治るのか、についてご説明してきました。

残念ながら、巻き爪は何もしないで治ることは、ほとんどないようです。

しかし、軽度のうちであれば、簡単にケアできる方法がたくさんあります。

ひどくならないうちに、きちんとケアをしてあげるのが大切ですね。

色々な方法がありますので、自分に合ったケア方法を探してみてくださいね。