外反母趾

巻き爪について色々調べていくと、巻き爪に悩んでいる方が本当にたくさんいることがわかってきました。

そして、巻き爪同様に、「外反母趾」に悩んでいる方も多いようなのです

そこで、巻き爪の理解を深めるために、外反母趾についても調べてみました。

巻き爪と外反母趾には意外な関係があるようなのです。

 

外反母趾とは

外反母趾とは、足の親指が変形して、小指の方へ曲がってしまう症状のことです。

親指の付け根の関節がくの字のように外側に飛び出してしまい、靴を履くとその部分が靴に当たって痛みが出たり、赤く腫れたりする辛い病気です。

悪化すると、裸足で歩いていても、痛みを感じるようになってしまいます。

また、外反母趾は、足に痛みが生じるだけではありません。

体の土台である足元に外反母趾という歪みがあると、その不安定を体の他の部分で調整することになります。

その結果、骨格や関節の歪みが生じ、O脚や、ひざの痛み、骨盤のずれ、腰痛、肩こり、偏頭痛など、様々な症状を引き起こすと言われています。

 

外反母趾の原因

外反母趾の原因

外反母趾の大きな原因は靴です。

つま先の細いヒールやパンプスなどは、足にとても負担がかかります。

先の細い靴は、左右が親指を小指を圧迫し、足の踏ん張る力を制限してしまいます。

これにより筋肉が弱まり、外反母趾を引き起こしてしまうのです。

また、緩い靴も外反母趾の原因になります。ゆったりとした靴の方が、足に負担がかからないと思う方もいるようですが、それは間違っているようです。

脱げやすい靴を履いていると、脱げないように無意識のうちに足の指を上げたり、指を縮めて歩いてしまいがちになります。これが足に負担をかけてしまい外反母趾の原因になります。

 

巻き爪と外反母趾の関係

巻き爪と外反母趾は、どちらも足に負担がかかることによるが原因で引き起こされる症状です。

それでは、巻き爪と外反母趾にはどのような関係があるのでしょうか。

巻き爪と外反母趾の原因は同じ

巻き爪と外反母趾は、「合わない靴を履いていること」がとても大きな原因です。

窮屈な靴、緩すぎる靴は、指や爪にとても負担がかかります。

これにより、巻き爪や外反母趾が引き起こされてしまうのです。

逆を言えば、正しい靴を選んで履くことにより、巻き爪と外反母趾のどちらも予防することができるわけですね。

外反母趾が原因で、巻き爪になる

外反母趾は、足の親指が、外側に傾いてしまっている状態です。

足の親指が曲がってしまうと、常に指先端へ圧力がかかってしまいます。

この圧力が原因で巻き爪になってしまうことがあるのです。

足の形は、爪にも影響を及ぼしてしまうのです。

外反母趾を予防することが最善ではありますが、もし外反母趾になってしまった場合は、巻き爪にもなりやすいという意識をもって、普段から爪のケアをする必要があります。

外反母趾で辛い上に、さらに巻き爪の痛みが加わってしまったら、本当に苦しいですよね。

 

以上、巻き爪と外反母趾についてご説明してきました。この2つは、原因が同じであり、外反母趾が原因で巻き爪になることもあるようです。

巻き爪も外反母趾もとても厄介な病気です。

未然に防ぐことができるように、きちんと原因を理解して、予防に努めたいですね。