巻き爪の匂い

なんか嫌な匂いがするなと思って爪を見てみたら巻き爪になっていた、巻き爪になってから足が臭くなってしまった、ということはよくあるそうです。

巻き爪と匂いに関係はあるのでしょうか。

足から匂いがするのは、誰にとっても嫌なものですよね。

何が原因なのか、予防策はあるのか、見ていきたいと思います。

 

巻き爪が匂う原因は

巻き爪が匂う原因

巻き爪の人の足は匂う、ということが良く言われるそうです。

しかし、巻き爪自体に匂いはないそうなんです。それでは、どの部分から嫌な匂いが出ているのでしょうか。

 

巻き爪に溜まっている垢

巻き爪の悪臭の原因は、爪に溜まっている垢にあります。

新陳代謝によって落ちた古い角質、分泌される汗や皮脂、様々な汚れなどが、垢となって爪間に挟まっています。

人間の皮膚の上には、常在菌という菌が常にいて、皮膚を守ってくれています。

常在菌は、汗、皮脂、垢を栄養として増殖します。

その際に、排出するカスが悪臭なんだそうです。足先は、蒸れやすく汗や皮脂が良く出る環境なので、その悪臭がどんどん出てきてしまうというわけです。

巻き爪の場合、爪が内側に食い込んでしまっているので、その部分に垢が溜まりやすいのです。これにより、ひどい匂いがするのです。

また、巻き爪で痛みがある場合には、爪を触るのが痛く、垢が溜まっていても、そのまま放置してしまうケースも多いようです。

これにより、長い間溜まったままの垢から、嫌な匂いが出てきてしまうのです。

また、爪にマニュアルを塗っていると、爪が見えないので、垢が溜まっていても気づかないということもあるようです。

そうすると、垢が放置されて、ますます悪臭を放つことになります。

 

化膿

巻き爪の症状が悪化してしまうと、化膿することがあります。

化膿している部分は、ひどい匂いがします。このような重度の症状になった場合は、病院で診てもらうことをおすすめします。

 

巻き爪の匂いを軽減するためには

巻き爪の匂いを改善するためには、毎日爪を清潔に保つことが大切になってきます。

お風呂に入って爪も皮膚も柔らかくなった状態の時に、爪ブラシなどで優しく洗ってください。

足が蒸れて垢が増殖されないように、足元の通気性を良くしておくことも大切です。

足が臭いというのは、男性にとっても女性にとっても非常に嫌なものです。

友達の家に上がるときや、営業先で靴を脱がなければいけない時など、自分の足から嫌な匂いがしないか不安になることがありますよね。

巻き爪の痛みにも耐えながら、ひどい匂いにまで耐えなければいけないのは、とても苦痛です。

日ごろから、爪に垢を溜めてしまうことがないように、清潔にしておくことが大切です。

 


ティップケアオイル記事にGO
巻き爪ケアにティップケアオイル (解説記事)

爪は肌と同じ様にケアする事が大切。保湿され健康状態の良い爪は巻き爪の影響を受けにくいという報告も。ティップケアオイルは、足先に潤おいを与えるのに適した保湿オイルです。その魅力について徹底的に解析をしています。