ストッキングによる巻き爪

働く女性にとって、ストッキングは欠かせないアイテムです。

多少窮屈であっても、足をきれいに見せるためには、努力や我慢を惜しまずに履いているという方が多いと思います。

しかし、ストッキングは爪にとても負担をかけてしまっているようです。

ストッキングが影響で巻き爪になってしまったという女性も多いようです。

 

ストッキングによる巻き爪への影響

ストッキングは、足を細くきれいに見せるためのものです。

足をキュッと引き締めてくれます。毎朝ストッキングを履くことにより、気持ちが引き締まりますよね。

そして仕事から帰ってストッキングを脱ぐ時には、とても解放感があります。

しかし、このような引き締めが爪にとってはとても良くないようです。

爪に圧力をかけてしまい、爪が湾曲する原因になってしまうんだそうです。

また、既に巻き爪の方の場合には、その症状を悪化させる原因にもなります。

 

巻き爪にならないためのストッキングは?

巻き爪にならないためのストッキングとはどんなものでしょうか。

それは、爪に負担をかけないようなストッキングです。

厚手のストッキングやタイツは、足のコンプレックスを隠してくれる優れたストッキングです。

しかし、厚い生地により、爪への圧力は大きくなってしまいます。

また、今人気なのが、着圧ストッキングです。足のむくみを解消してくれて、足を細く見せてくれる効果があるとされています。

しかし、締め付け続けることにより、爪へ相当な負担がかかることになります。

あまり無理な締め付けのものは避けた方が良さそうです。

また、働く女性は、ストッキングは毎日履かなければいけないと思います。

その場合には、家に帰ってきたらすぐに脱ぐようにしましょう。

また、仕事帰りに遊びに行く時などは、窮屈なストッキングを脱いで、サンダルに履き替えるのも良いですね。

朝に比べて夜になればなるほど、足がむくんできます。

そうなると、ストッキングの締め付けが余計大きくなるので、爪への負担も大きくなってしまいます。

出来るだけストッキングを履く時間を短くするようにしましょう。

 

巻き爪になってしまった場合のストッキングはどんなものが良い?

巻き爪になってしまった場合のストッキング

巻き爪になってしまった女性にとって、ストッキングはとても厄介な存在です。

裸足でいれば痛みが感じないレベルであっても、窮屈なストッキングを履くと痛みがひどくなるようです。

巻き爪の痛みがひどい時におすすめのストッキングをご紹介したいと思います。

 

締め付けないストッキング

ストッキングは、締め付ければ締め付けるほど足がきれいに見えると考えている方は多いと思います。

しかし、逆により楽なストッキングを履きたいという方もいます。

そんな方の要望に応えた、とてもゆるいストッキングというのが販売されています。

とても締め付けが弱く、靴下を履いているよりも楽に感じられます。

しかし、もちろんストッキングなので、だらしない見た目では決してありません。

爪への圧迫もとても弱いので、痛みが増すことはないようです。

 

つま先の開いたストッキング

つま先部分が空いているオープントゥストッキングをご存知でしょうか。

オープントゥのパンプスやサンダルを履く時用のストッキングなのですが、巻き爪が痛い方には嬉しいデザインです。

巻き爪部分が空いているので、一切締め付けることがありません。

先が開いていない普通のパンプスを履けば、普通のストッキングを履いているのと変わりなく見えますよ。

 

以上、ストッキングが及ぼすストッキングの影響と、その対策についてご紹介してきました。

ストッキングは、巻き爪の原因になり、巻き爪を悪化させることもあります。

そこで、爪に負担をかけないようなストッキングを選ぶ必要があるようです。

しかし、一度痛み出した巻き爪は、簡単に治ることはありません。

的確な巻き爪ケアをしてしっかり治すようにしましょう。

 


ティップケアオイル記事にGO
巻き爪ケアにティップケアオイル (解説記事)

爪は肌と同じ様にケアする事が大切。保湿され健康状態の良い爪は巻き爪の影響を受けにくいという報告も。ティップケアオイルは、足先に潤おいを与えるのに適した保湿オイルです。その魅力について徹底的に解析をしています。