巻き爪に痛くない靴

巻き爪になる大きな原因として、「靴」があります。

無理をして合わない靴を履き続けたことにより、巻き爪を引き起こしてしまったというケースが多いようです。

それでは、巻き爪にならないための靴とは、どういうものなのでしょうか。また、巻き爪になってしまった場合には、どんな靴を履けば良いのでしょうか。

巻き爪と靴の関係について見ていきたいと思います。

 

巻き爪になった場合の靴選び

巻き爪の症状が進むと、爪がどんどん皮膚に食い込んでいってしまい、ひどい痛みが生じます。

痛みがなかった時には履きやすかった靴も、痛みが辛くて履けなくなってしまうようです。

その場合には、できるだけ巻き爪部分できるだけ負担をかけないような靴を履くようにしましょう。

  • 柔らかい素材の靴
  • 衝撃吸収性に優れた靴
  • つま先が開いたオープントゥの靴

このような靴は、巻き爪への負担が少ないので、比較的痛みを和らげてくれておすすめです。

しかし、根本的に巻き爪を治さないと、痛みが消えていくことはありません。

矯正グッズを使ったり、治療するなどして、巻き爪をしっかり治すようにしましょう。

 

巻き爪にならないための靴選び

巻き爪にならないための靴選び

爪を圧迫することは、巻き爪の原因になることがあります。

そこで、爪に負担をかけないような靴選びを心掛けると良いでしょう。

正しい靴の条件は、以下のようなことが挙げられます。

  • 痛くない
  • 歩きやすい
  • 疲れにくい

具体的にはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

 

サイズの合った靴を選ぶ

窮屈な靴は、爪に負担をかけてしまいます。

逆に緩すぎる靴も良くありません。靴の中で足が固定されずに動いてしまい、爪に与える衝撃が大きくなってしまいます。

靴をかかとにしっかり合わせて、つま先に1㎝ほど余裕がある大きさがベストとされています。

足を固定する靴を選ぶ

靴の中で、必要以上に足が動いてしまうと、爪に負担がかかります。靴の中で、足がぴったりと固定されると良いでしょう。

スニーカーであれば、履く度にしっかりと靴紐を締めて足を固定させると良いですね。

パンプスの場合には、足の甲部分やかかと部分にストラップがついているものがおすすめです。

 

正しいヒールを選ぶ

ハイヒールは巻き爪の原因になりやすいとされています。

しかし、全てのヒールが悪いわけではありません。

無理のない履きやすいヒールもあります。

できるだけつま先に体重がかからないように、ヒールの高さは3㎝程にすると良いでしょう。

またヒールが低ければ安定していて、高ければ不安定というわけではありません。

重要なのは、ヒールの安定感です。

しっかり幅のあるヒールですと、多少高さがあっても、足先に負担をかけずに履くことができます。

また、高さのあるヒールであっても、つま先の開いたオープントゥのデザインのパンプスの場合は、爪への負担がかからず良いでしょう。

 

以上、巻き爪になった場合におすすめの靴、巻き爪にならないためにおすすめの靴について見てきました。

毎日の生活の中で、靴はとても重要な存在です。正しい靴を履くことは、巻き爪予防だけでなく、様々なメリットがあります。ぜひ、自分にあった履きやすい靴を見つけてくださいね。

 


ティップケアオイル記事にGO
巻き爪ケアにティップケアオイル (解説記事)

爪は肌と同じ様にケアする事が大切。保湿され健康状態の良い爪は巻き爪の影響を受けにくいという報告も。ティップケアオイルは、足先に潤おいを与えるのに適した保湿オイルです。その魅力について徹底的に解析をしています。