絆創膏で巻き爪ケア

巻き爪の痛みを緩和させる為の処置は色々あります。

巻き爪矯正器や矯正キットを使う方法など、色々な専用グッズが販売されています。

しかし、もっと簡単にできる処置はないものかと調べてみたところ、究極の簡単ケア方法を見つけました。

絆創膏を貼るだけという方法です。

絆創膏を持っていない方はほとんどいないですよね。

これは嬉しい方法です。ご紹介していきたいと思います。

 

絆創膏を使った巻き爪ケアとは

絆創膏を使ったことのない方はいないと思います。

擦り傷や切り傷の部分に貼って患部を覆うことにより、患部に服などが触れるのを防いだり、ウイルスや細菌が入らないようにする効果もあるようです。

この絆創膏を使って、巻き爪をケアする方法があるのです。

絆創膏とハサミがあれば、いつでもどこでも処置することができるのです。

その方法は実に簡単です。

  • 絆創膏を半分に折り、ガーゼ部分にハサミで切りこみを入れる。
  • 切れ込み部分に巻き爪を引っ掛けるようにして貼り付ける。
  • 全体に絆創膏を引っ張りながら貼り付ける。

 

絆創膏を使った巻き爪ケアの効果

とても簡単な処置であることがお分かり頂けたと思います。

しかし、この方法によって、大分痛みが軽減されるんだそうです。

絆創膏のガーゼ部分を巻き爪の食い込んところに挟み込むことで、皮膚と爪が引き離されて、痛みが和らぐというわけです。

絆創膏の粘着力はとても優れており、剝がれにくく、適度に引っ張る力も働きます。

また、ガーゼ部分の柔らかさ、クッション性が優しくケアしてくれます。

絆創膏の特性を生かしたとても効果的な方法なのです。

 

絆創膏と使った巻き爪ケアの注意点

絆創膏を使うケアにより、確かに痛みが軽減されるようです。

しかし、これはあくまでも応急処置です。

この方法を続けたからと言って、根本的に巻き爪が治るというものではないようです。

正しい矯正器を使ったり、病院へ行ってきちんと巻き爪を治すようにしましょう。

また、絆創膏は、ウイルスや細菌が入らないように保護する役割もありますが、絆創膏の中で、菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうものでもあります。

絆創膏を貼りっぱなしにすることなく、毎日きちんと交換するようにしましょう。足は汚れやすく細菌が入りやすい部分ですので、清潔に保つようにする良いですね。

また、強度があるからと言って、あまり絆創膏を引っ張ってしまうと、爪が締め付けられて逆効果になる場合もあるようです。

また、血液の循環を妨げる可能性もあるようです。

 

以上、絆創膏で巻き爪をケアする方法をご紹介してきました。

絆創膏はどなたでも持っている身近なものですよね。

これを使って簡単に巻き爪の痛みを軽減できるのは、とても嬉しいですね。

仕事場のトイレや、車の中などでも、さっと貼ることができます。外出先で痛みがひどくなった場合には便利な方法です。

しかし、巻き爪を治すまでの効果は期待できないようです。

自分で、もしくは病院で、巻き爪矯正をするようにしましょう。

 


ティップケアオイル記事にGO
巻き爪ケアにティップケアオイル (解説記事)

爪は肌と同じ様にケアする事が大切。保湿され健康状態の良い爪は巻き爪の影響を受けにくいという報告も。ティップケアオイルは、足先に潤おいを与えるのに適した保湿オイルです。その魅力について徹底的に解析をしています。