ティッシュ巻き爪ケア

巻き爪の痛みを緩和させる方法、巻き爪を矯正する方法など、巻き爪に悩む方は、色々なやり方で巻き爪対策を行っています。

その中でも、身近なもので簡単にケアする方法を見つけました。

巻き爪部分にティッシュを挟むという方法です。

これは、どんな方法なのでしょうか。本当に効果があるのでしょうか。

詳しく見ていきたいと思います。

 

ティッシュを使った巻き爪ケアとは

ティッシュを使った巻き爪ケア

巻き爪の痛みの原因は、変形して内側に曲がった爪が、皮膚を突き刺すことです。

この痛みを和らげるためには、突き刺している爪を皮膚かが引き離すことです。

そのために、食い込んでいる爪の部分にティシュを詰めて爪と肉を引き離していくのです。

同じようにコットンを詰めて痛みを緩和させる、コットンパッキングをいう巻き爪ケア方法があります。

このコットンをティッシュに置き換えた方法と言えます。

一時的ではありますが、痛みが緩和される効果があるようです。

ティシュによる圧力で、巻き込みが阻止されて、巻き爪悪化の防止にもなるようです。

ティッシュを使った巻き爪ケア方法

やり方は、コットンパッキングを同じなのですが、コットンよりもティッシュの方が詰めやすいというメリットがあるようです。

ティッシュをちぎって小さく丸めます。

これを、少しずつ、巻き爪の食い込んでいる部分に詰め込んでいきます。

ピンセットや毛抜きを使うとやりやすいようです。また、ティッシュをちぎって、小さく畳んだ状態にして詰めても良いようです。

 

ティッシュを使った巻き爪ケアの注意点

巻き爪ケアに使うためのティッシュは、清潔なものを使うようにしましょう。

また、足元は汚れやすい部分なので、毎日取り換える必要があります。

入浴後は、清潔であり、爪が柔らかくなってケアしやすいです。

毎日入浴前にティッシュを外して、入浴後に新しいティッシュを詰めると良いでしょう。

また、ティッシュを詰めすぎると、必要以上の圧力がかかってしまい、巻き爪をさらに変形させてしまう危険があります。

無理に詰めすぎることは厳禁です。爪と肉が離れる程度で十分です。

また、ティッシュはコットンに比べて取れやすいようです。単純にティッシュを詰めても落ちてきてしまうのは、容易に想像がつきますよね。

そこで、ティッシュを詰めた後に、絆創膏やテープなどで、しっかり留めると良いでしょう。

 

テーピングケアを一緒に、ティッシュを使った巻き爪ケアをする

食い込んだ部分にティッシュがうまく詰められない場合は、テープを使ったテーピングケアと同時に行うと良いようです。

テーピングケアは、医療用テープを使って、食い込んでいる爪を皮膚から引き離すようにテーピングする方法です。

その方法でできた隙間にティッシュを詰めることにより、効果が倍層されるようです。テーピングをして、ティシュを詰めて、さらに絆創膏で留めるとなると、ちょっと不格好な見た目にはなってしまうかもしれませんが、痛みが和らぐ効果は大きいようです。

 

以上、ティッシュを使った巻き爪ケアについてご紹介してきました。

軽度の症状の巻き爪をケアする効果、痛みを緩和する効果は、確かにあるようです。

どこのご家庭にあるティッシュという簡単なアイテムを使って、このような効果が出るのであれば、とても嬉しいですよね。

巻き爪専用グッズの場合ですと、サイズが合わないなどということもありますが、この方法ですと、いくらでも自分で調整することができるというメリットもあるようです。

一度試してみる価値はありますね。

しかし、症状が改善されない場合や、悪化してしまいそうな時には、矯正器を使ったり、病院で診てもらうようにしましょう。

 


ティップケアオイル記事にGO
巻き爪ケアにティップケアオイル (解説記事)

爪は肌と同じ様にケアする事が大切。保湿され健康状態の良い爪は巻き爪の影響を受けにくいという報告も。ティップケアオイルは、足先に潤おいを与えるのに適した保湿オイルです。その魅力について徹底的に解析をしています。