巻き爪クリップ

巻き爪矯正には、色々な方法があります。

その中で、巻き爪クリップをいう矯正グッズがあるのをご存知でしょうか。

とても簡単で、しかも効果があるということで注目されている巻き爪ケア方法なんだそうです。

どんなものなのか、ご紹介したいと思います。

 

巻き爪矯正クリップとは

巻き爪をクリップは、病院でも治療に用いられている方法で、巻き爪矯正に効果があるとされています。

そんな巻き爪クリップが、通販で気軽に購入できて、自分で簡単にケアできるということで人気を集めているそうです。

巻き爪クリップは、弾力性のある形状記憶合金という金属で作られています。

この金属には、曲げると元に戻ろうとする力があります。その力を利用して、巻き爪の食い込みを、上に持ち上げてくれるのです。

取り付け方はとてもシンプルです。クリップの両端にあるフックで、巻き爪の先を挟むだけです。

爪はフックで挟めるとうに、2㎜~3㎜伸ばしておく必要があります。

 

巻き爪クリップのメリット

 

  • 簡単の取り付けることができる

どなたでもすぐに簡単に取り付けることができます。

 

  • 巻き爪の痛みを軽減してくれる

形状記憶合金の力で、巻き爪が皮膚に食い込んでいる部分を上に持ち上げてくれます。

これにより、痛みが大分軽減されるようです。

 

  • 軽度の場合には、巻き爪矯正の効果が期待できる

比較的軽度の巻き爪の場合ですと、付けてから早い段階で、爪の形に変化が出てくることが多いようです。

 

巻き爪クリップのデメリット

 

  • 壊れやすい

それほど頑丈にできているものではないので、壊れることもあるようです。

 

  • 取れやすい

クリップの部分が靴下やストッキングなどに引っかかってしまい、取れてしまうことが多いようです。

 

  • 重度の巻き爪には効果がでない

ひどい痛みがある、激しく変形しているような重度の巻き爪の方の場合ですと、取り付けるのも難しく、効果も出ないことが多いようです。

 

購入方法

巻き爪クリップは、自分で気軽にケアできるところがメリットです。

通販で気軽に購入することもできます。

しかし、巻き爪クリップを購入する前に注意していただきたいことがあります。

それは、自分の爪の大きさ、爪の形に合ったサイズのものを選ぶということです。

きちんとあったものを選んで使わないと、うまく付けられなかったり、取れやすかったり、効果が出なかったりします。

また、サイズが合っていないと、爪を傷つけてしまう恐れもあるようです。

それでは、自分に合ったものを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。

その場合には、皮膚科などの専門の病院で購入することもできます。

どのようなサイズが合うのかカウンセリングをしてもらうと良いでしょう。

病院の方が値段が安い場合もあるようなので、調べてみると良いと思います。

 

以上、巻き爪の矯正クリップについてご紹介してきました。

簡単に取り付けられて、軽度の場合には、痛みが軽減されるなどの効果が期待できるようです。

使用上の注意点は、自分に合った大きさのものを選ぶことのようです。

皮膚科などの病院で相談してみるのも良いですね。

 


ティップケアオイル記事にGO
巻き爪ケアにティップケアオイル (解説記事)

爪は肌と同じ様にケアする事が大切。保湿され健康状態の良い爪は巻き爪の影響を受けにくいという報告も。ティップケアオイルは、足先に潤おいを与えるのに適した保湿オイルです。その魅力について徹底的に解析をしています。